キャッシングVarious

 >   >  2社目のキャッシングは借り換えも視野にいれるべき

2社目のキャッシングは借り換えも視野にいれるべき

キャッシングの返済方法は残高スライドリボルビング方式が主流。
月々一定額返せば良い点はメリットといえますが、どれだけ借りても返済負担が変らないため今現在の借入残高が把握しにくく、気が付いたら限度額いっぱい。
なんてケースも多く、この点はデメリットといってもいいでしょう。

利用枠を使い切っても、さらに借りたいという時。 利用枠の増額を申請して無事増額できればよいですが、必ずしも可能とは限りません。 こういった時には、2社目からの借入れを考えることになります。

3社目までの借入れであれば、それまでの利用履歴や総量規制の点で問題がなければ、融資が不可ということはありません。ただし1社目の時と比べれば厳しい審査となってくることは覚悟しておくべきでしょう。

複数社から細かく借りるよりも、1社からの借り入れとして借り換えしまったほうが、低金利にできるということは頭に入れておくべきです。こういった意味において安易に2社目から借りるよりも、より大きな限度額での借り換えも視野に入れてもよいでしょう。

例えば1社から60万円、さらに2社目から60万円を借りたなら、各々の借入れに対して60万円借入時の金利となりますが、1社に借り換えすれば120万円借入時の金利となり、100万円以上で金利設定が変る場合が多いですから、 100万円を超える20万円分を返済し終わるまで、より低い金利での借入れとすることができます。

借り換え後に金利面での変化ないケースでも、返済を1社にまとめることができますし、おまとめ・借り換え用のローンは総量規制の対象外とされていますから、 年収の面で厳しくても借入れが可能となる場合があります。

こういった考え方は、2社目の場合に限らず3社目4社目の場合でも同様です。 銀行においてもおまとめ借り換え目的のローンは数多く用意されています。

これ以上借りないのが最良の選択・・・とはいっても

もちろん利用枠を使い切った場合、これ以上借りないことが最善の策。 しかし借りなければ立ち行かないであれば仕方ありません。 このような場合でも、出来るだけ返済負担の少ない借入れ方法を選ぶことが重要です。

さらなる借入れをした後にも、余裕のある時には繰り上げ返済一括返済を視野に入れつつ、今いくら借入れ残高があるのかを意識しながら確実な返済を心がけましょう。

Copyright キャッシングVarious. ALLRIGHTS RESERVED.